製品紹介

統合管理機能

「IVEX Logger Series」は、各種設定を統合管理コンソールで一元管理することで、シングルサインオンを実現。
ログ管理を効率的に運用するための便利な機能も多数用意しております。

1.ハードウェア仕様

IVEX Logger Agentが取得するログ項目はログ取得ポリシーとして登録し、 ユーザごとにポリシーを割当てることができます。※ユーザがどのグループポリシーにも属さない場合、デフォルトポリシーが適用されます。

また、ユーザ設定にワイルドカードを使用できるため、特定のユーザグループのみファイルアクセスの操作ログを取得するといった、柔軟なポリシー設定も可能となります。

グループポリシー設定画面
統合管理コンソールから、ログ生成ポリシーをグループごとに設定可能

コンピューターポリシー設定機能

コンピューター(及びドメイン)単位でイベントログの取得ポリシーを設定することができます。
また、ログの一次保存先が指定可能。

データベース設定機能

Microsoft SQL Server 内の各種設定をIVEX Logger Console上で行うことができます。
「スケジュール設定」、取得ログの「フィルター設定」、「データ削除設定」、「データベース使用容量上限設定」、「データベース接続設定変更」等、IVEX Logger 統合コンソールから各種設定の一元管理を実現します。

フィルタ設定画面
あらかじめ不要なログを設定しておくことでログ容量を削減可能
[DB設定も可能]・出力ログのフィルター設定・データベース使用容量上限設定・タスクスケジュールの設定など

IVEX Logger 稼動確認

IVEX Loggerが稼働しているPCやユーザ名、セッションIDなど、稼働状況をリアルタイムに把握することができます。

IVEX Logger ExportCSV設定機能

IVEX Logger ExportCSV の出力設定(保存先やログの出力期間など)が行えます。

アラート機能

予め登録したポリシーに抵触した操作ログを検知し、メールで通知を受け取ることができます。

Next ›› ログ管理機能

pagetop

製品に関するお問合せ

pagetop