ニュース・リリース

イベント情報

2013年7月4日
仮想デスクトップセキュリティセミナー「IVEX Logger Series」

仮想デスクトップ・ソリューションは、高いセキュリティ性や、運用管理負担の低減といった大きなメリットがあるのに加え、昨今ではBCP(Business Conti nuity Plan/事業継続計画)やBYOD(Bring Your Own Device/私有デバイスの業務利用)、場所や利用端末にとらわれない、機動的なワークスタイルへの変革といった側面でも大きな注目を集め 、ますます導入の拡大が進んでいます。

この仮想デスクトップの高いセキュリティ性をさらに進化させ、金融機関など、より高度なセキュリティを要求される市場において大きな支持を集めるソリューションがあります。
本セミナーでは仮想デスクトップ環境でのログ取得、そして、二要素認証や暗号化などのさまざまなソリューションを紹介し、仮想デスクトップにおけるセキュリティを最大限に高めるにはいかにするべきかをご紹介します。


イベント詳細
主催 アセンテック株式会社
アイベクス株式会社
日本セーフネット株式会社
株式会社テルテン
開催日程 2013年7月30日(火)14:30-16:30(14:00受付開始)
開催会場 〒101-0022 東京都千代田区神田練塀町3 アキバプラザ7F
アキバプラザ7F VDIイノベーションセンター
→地図
参加費 無料(事前登録制)
イベント詳細 →イベント詳細
アジェンダ
時間 セミナータイトル・ご講演内容
14:30-15:15
仮想デスクトップ環境におけるログ取得の重要性とそのポイント
本セッションでは、昨今急速にニーズが高まる仮想デスクトップ環境における操作ログソリューション「IVEX Logger Series」をご紹介します。仮想デスクトップ環境における操作ログソリューションの重要性や効率的な運用方法等、金融機関等の実際の導入事例を交えご紹介いたします。
(アイベクス株式会社)
15:15-16:00
二要素認証そして、データ暗号化ソリューションでさらに万全のセキュリティを実現
仮想デスクトップは、端末に機密データを保存させないというセキュリティニーズを満たすことができるために、本格的な導入が進んでいます。
しかしながら、エンタープライズユーザではVDIに対して、更に踏み込んだ強固なセキュリティ実装を要求し始めています。 VDIは全てのオペレーションがネットワークを通じて、サーバサイド/ストレージに全ての機密データが集中し格納され、アクセスされます。このライフサイクル全てに対して、認証や暗号化技術等を活用し、セキュリティを担保することが、次のステップのVDIソリューションには不可欠です。本セッションでは、革新的かつ包括的なVDIセキュリティソリューションをご紹介します。
(日本セーフネット株式会社)
16:00-16:30
アセンテックの提案する仮想デスクトップ・セキュリティ周辺ソリューション
今年5月に発表された新ソリューション「CaptureWall for VDI」。この導入により、Windows PCを利用した仮想デスクトップ環境において、画面キャプチャを防止し、さらに高いセキュリティ性を企業にもたらします。この「CaptureWall for VDI」のご紹介を中心に仮想デスクトップにおけるセキュリティソリューションをご紹介します。
(アセンテック株式会社)
16:30-
VDIイノベーションセンターご紹介

※セミナーのタイトル・講師・時間配分などは、やむなく変更されることがあります。
予めご了承くださいますようお願いいたします。

  • IVEX Logger評価版ダウンロード
  • MovieでIVEX Loggerを紹介

pagetop